【Amazon転売・せどり・経理】超簡単!確定申告のための売掛金の計算方法!Amazon版

確定申告・決算で計算しなければいけないのが棚卸と売掛金

今回はAmazonで販売した商品の売掛金の計算方法について紹介します。

超絶簡単です。

締め日をまたいだ日付を確認する

セラーセントラルからレポート→ペイメント→過去の決済情報へ進み、決済期間を確認します

私の場合、2018年12月31日が締め日なので、締め日をまたいだ決済期間は12/26~1/9となります。

12/25までの売上は口座に振り込まれていて、すでに帳簿に記帳が済んでいる前提で話を進めます。

ここで、記帳ができていない売掛金は12/26~12/31までの売り上げです。

ここのデータをDLしてエクセルで集計すれば売掛金の算出は終了です。

特定期間の売上データの確認方法

セラーセントラルのペイメント→期間別レポートからレポート生成を選択

日付を指定できますので、記帳ができていない売掛金の発生している期間を入力します。

今回は12/26~12/31とします。

ファイルをエクセルで開きます。

対象期間の注文データが一覧で表示されます。下記手順で整理してください

  1. トランザクションの列で”振込み”と表示されている行は削除
  2. 緑で色付けした商品売上の列の合計を求め、この金額に1.08を掛ける
  3. 青色で色付けした列は全てAmazonの手数料なので、これらの合計を求める
  4. オレンジで色付けし合計の列の合計を求める

2で求めた金額が売掛です。1.08を掛けるのは税込みに修正するためです。(2018年11月からデフォルトでは税抜き表示になりました)

3で求めた金額がAmazon手数料です。

売掛-Amazon手数料が4で求めた金額になることを確認してください。

それぞれの金額を会計ソフトに入力して売掛金の入力は終了です。

まとめ

売掛になる期間のデータをDLして合計額を求めるだけで終わります。

エクセルのSUMを使うと秒殺で計算終了です。知らない人はググっておきましょー

棚卸方法についても一緒に勉強しておきましょう!

 

お悩み等はぜひお気軽にLINEにご連絡ください!
記事では書けないお得な限定情報も配信中!
LINEの友達追加は以下のQRコードから♪
友だち追加

私に記事を書くモチベーションをください!この記事が為になった!と思っていただけましたらSNSでシェアをお願いします!