【Amazon輸出】今がチャンス!転売を始めるならオーストラリア輸出が狙い目!

国内せどり、BUYMA、Amazon輸出、メルカリ転売、中国輸入、欧米輸入、とネット物販ジャンルが乱立する中で、何から始めたらいいか??

そんな質問をいただくので、スタートアップしたばかりで資金力がない方にお勧めなオーストラリアAmazon輸出を紹介させていただきます。

始めたての人が取り組むべきジャンル

ズバリ 無在庫!!!

  • 資金力が500万円以上ある方は有在庫
  • 資金力がない方は無在庫

この2つに分かれると思っています。

無在庫転売は売り上げが確定してから仕入れを起こすので、キャッシュフローが有在庫に比べて有利になります。また、有在庫に比べ誰も取り扱っていない商品を高利益率で売っていくスタイルになるため、小資金でリターンが大きいのが特徴です。つまり、小資金でも十分ビジネスとして始められるモデルが無在庫転売なのです。

その反面、誰も取り扱わない人気のない商品を扱っていくため、なかなか売れないというネガもあります。

そして、この無在庫でもBUYMA、無在庫輸出、無在庫輸入、無在庫国内と別れていきますが、2018年秋時点で狙い目なのは無在庫オーストラリア輸出です。

なぜ今、無在庫オーストラリア輸出か?

Amazonオーストラリアは2017年末にオープンしたばかりでまだまだ未成熟な市場です。

ライバルも少なく、今はまだブルーオーシャンと言えるでしょう。

そしてAmazonを使ったビジネスモデルはツールで各国のデータを使いまわすことが可能で、日本、アメリカへとビジネスを水平展開していくことができるのも強みです。

実際に今年の6月に初めて、3か月で月商100万円、利益率で30%くらいなのでざっくり月利で30万円となりました。
そして、何より実際に使った仕入れ資金は30万円くらいでした。しかもカード払いなのでキャッシュフローに余裕が出ます。

なぜそんなに利益率が高いのか?

オーストラリアは経済的に成功してい、とても物価の高く裕福な国なのです。
日本の田舎の最低賃金は800円未満のところが多いかと思いますが、オーストラリアのやっすいバイトの相場は1500円です。
つまり、日本から見るとお金持ちばかりなのです。

また、島国のため、一般に需要はないけども、ニッチなところで需要のある商品というのはオーストラリア国内に出回っていないため、オーストラリア在住の人は個人輸入することが必要となります。

個人輸入するにあたり、今まではアメリカAmazonから個人輸入できていましたが、法整備、インフラの関係でアメリカAmazonからは直接購入できないようになってしまいました。

ここが大きなチャンスとなっています。

ニッチな商品は、どうしても欲しい人にとっては高くても欲しいのものなので、利益率を高めに設定しても売れていくのです。

500円入れると1000円になって戻ってくる!?

実際、500円で仕入れた商品が3000円とかで売れていきます。国際送料、手数料、梱包資材代等を差し引いて、利益は1000円ほど残ります。
つまり、投資金額に対して倍になって戻って来るのです。
50万円仕入れすると、100万円になるということです。

難易度

こんなうまい話、じつはとても難しかったりするんでしょ?いえいえ、全然そんなことはないんです。
参入者が少ない今だからこそ取り組むべきモデルと言えます。

しかし、、、面倒な作業はたくさんあります。 もう一度いいます。難しくはないですが面倒な作業はたくさんあります。

また、ツールの利用も大前提となります。こちらのツールは非公開となっているため、挑戦してみたい方は個別に問い合わせからご連絡をいただければご協力いたします。

補足

売り上げが500万円を超えてくると、現地での納税義務、法人登録の必要が出てきますので、資金力があってもっとたくさん稼ぎたい、という方にはお勧めできません。

 

お悩み等はぜひお気軽にLINEにご連絡ください!
記事では書けないお得な限定情報も配信中!
LINEの友達追加は以下のQRコードから♪
友だち追加

私に記事を書くモチベーションをください!この記事が為になった!と思っていただけましたらSNSでシェアをお願いします!