【Amazon転売・ツール】リサーチ&利益計算に必要なアナタが覚えるべきたった4つのエクセル関数

ネット物販のような仕事をしていると、特にデータ分析やリサーチでエクセルを使う機会が多いのですが、その中でも覚えておいた方がいい関数が4つあります。

逆にこの4つを覚えることで、手作業でコピペや電卓をはじくライバルに大きく差をつけることができます。

ツールを回して大量データ処理をする方は是非覚えてください。

  1. VLOOKUP関数
  2. IF関数
  3. AND関数
  4. IFERROR関数

VLOOKUP関数

まずは基本中の基本

別のデータ群からデータを参照させるやり方です。

AmazonのセラーセントラルからDLしたレポートのデータをリサーチデータを合体したりするときに使います。

ASINをキーにしてデータを紐づけさせる、なんてときは必ず使います。

詳しい使い方はVLOOKUPの使い方を読んでください。

IF関数

条件を付けて、場合分けするやり方です。

輸出なんかだとサイズでOK,NGをエクセル上で判断したりできます。

使い方としては

=IF(条件,その条件に当てはまる場合どのように表示するか,その条件に当てはまらない場合どのように表示するか)

という式の組み方になります。

例えば輸出の場合、実重量と容積重量の重い方、という条件で場合分けしますが

=IF(実重量>容積重量,実重量,容積重量)

というような式を組みます。

実重量が容積重量よりも大きい場合、実重量を表示しろ。そうでない時(容積重量の方が重い時)は容積重量を表示しろ。

という意味合いの式になります。

他にも重量が5キロを超えるものはNGと表示させる場合

=IF(重量>5,”NG”,””)

このように式を組むことで表現できます。

もちろんこのケースは数値フィルターで絞ってもよいと思います。

AND関数

こちらもIF関数と同様、条件を付けて場合分けする時によく使います。

何々の条件、かつ、何々の条件、といった場合分けです。

小型軽量商品の利益計算式で大活躍しました。

例えば、こんな条件があったとします。(条件はすべて”かつ”です)

  • 15ドル以下
  • 15オンス以下
  • サイズ16 x 9 x 4インチ以下
  • 過去4週間の販売数が25点以上

=AND(価格<15,重さ<15,長辺<16,中辺<9,短辺<4,ランキング変動>25)

こんな感じで、条件を並べて”かつ”の部分を”,”で表現します。

さらにIF関数と組み合わせて、小型軽量商品を抽出するにはこんな式を組みます。

=IF(AND(価格<15,重さ<15,長辺<16,中辺<9,短辺<4,ランキング変動>25),”OK”,”NG”)

先ほどのANDの部分を満たすなら、OK、満たさないならNGを表示しろ、というIF関数になります。

IFERROR関数

この関数も条件で場合分けする時に使う関数です。

使い方としては、最初の条件でerrorが出てしまった場合(条件に当てはまらない場合)は別の条件で処理しろ、という内容になります。

例えば、エクセルシート(もしくはファイル)が2つにまたがってデータ処理をしていてる場合(シートA,B,Cとします)、VLOOKUPでデータを引っ張る時に、シートAで参照して、データが見つからない場合はシートBから探せ、みたいなことができます。

もう少し具体的に説明します。

シートCで処理をします。ここにはずらっと人の名前が並んでいます。(イベントの参加者名簿とでもしましょう)

シートAには男性の名前とメアドが並んでいます。

シートBには女性の名前とメアドが並んでいます。

シートCに名前に対応したメアドを引っ張ってきたいとした場合、以下のように式を組みます。

=IFERROR(VLOOKUP(名前,シートA列範囲,列番号,0),VLOOKUP(名前,シートB列範囲,列番号,0))

まず、普通にVLOOKUPだけで処理しようとすると、シートAから参照した場合、女性の名前に関してはデータが見つからずエラーが表示されます。

IFERRORを使うと、エラーの場合は次の条件で処理しろ、となるので、エラーが出てしまったところはシートBを参照しに行きます。

ここまでやってエラーが出てしまった場合はどちらにも情報が無い新規のデータ、という扱いになります。

さて、どういう場面で使うの?ということですが、Amazonから複数のレポートをDLしてきて、ファイルをまたがってVLOOKUPで紐づけするときに重宝します。

まとめ

たったの4つですし、組み合わせ次第で色々な使い方ができます。

どれもツールでデータ処理している方なら遭遇する場面があるかと思います。

そんなときはこの記事を思い出していただければ幸いです。

お悩み等はぜひお気軽にLINEにご連絡ください!
記事では書けないお得な限定情報も配信中!
LINEの友達追加は以下のQRコードから♪
友だち追加

私に記事を書くモチベーションをください!この記事が為になった!と思っていただけましたらSNSでシェアをお願いします!