【ビジネスTips・確定申告】税理士さんも真っ青!? AIにお任せで楽々記帳 今からでも間に合うクラウド会計

確定申告シーズンですね。

皆さんちゃんと記帳してますか?

アナタはエクセル派ですか?会計ソフト派ですか?はたまた税理士さんに丸投げ派ですか?

ちなみに私はAI派です!

流行りのAIですよ!AIが自動でやってくれるんですよ!

私はAIのはじき出した仕分けに間違いがないか眺めて承認ボタンを押すだけで終わりです。

いや~もう、楽ちんです。1年分の記帳だってデータさえ揃っていれば1日で終わりです。

ついにAIの時代ですよ!無礼を承知で言わせていただきます。時代遅れのアナタ!今すぐクラウド会計に移行しましょう!

私がおススメするのはマネーフォワードクラウド会計

優秀すぎてコスパヤバいっす。

お金で時間をショートカットできるものはどんどんショートカットしていきましょう。

それでは、AI時代のクラウド会計について解説していきます。

クラウド会計って?

流行りのクラウド型なんちゃら。

最近はなんでもクラウドですね。

クラウドというのはネット上で繋がる、という意味です。

会計ソフトもクラウド化されています。

ネット上でポチポチできる時代に突入しました。

クラウド会計=ネット上で管理・データ収集できる会計ソフトです。

ネットから拾える情報と連携させることで、とても大きな効果を発揮します。

今までの会計システム

エクセルやローカル環境での会計ソフト、はたまた手書きの帳簿なんていうものは、ほぼ手作業です。

今まではカードの明細、銀行の取引明細をCSVでダウンロードして内容を帳簿に転記、もしくは原本を目視で転記していくしかありませんでした。

アナログですよね。単純作業の塊。

めちゃくちゃ面倒なので、税理士さんに記帳代行を依頼、という形でお金を払って丸投げしている方も多いです。

ただ、これって今の時代に合っていないですよね。単純作業は機械にやらせて時間を節約しましょう。

というわけで、データをかき集めてコピペして記帳、ということをAIが全て代行してくれるシステムが登場しました。これがクラウド会計です。

過去のデータから規則性を学習して自動で仕訳けをしてくれます。

記帳が瞬殺

ネットで拾える情報をバシバシ連携して自動で取り込んで、それを過去の規則性をもとに自動で入力まで終わらせてくれるんです。

前提条件として、ネットに足跡を残せない取引は自動取り込みができません。

つまり、通帳原本で記帳している人、昔ながらの八百屋さんのように現金売買している人、口座を通さない取引をしている人は恩恵を受けられません。

でも、こういった条件に当てはまる人は逆になかなかいないと思います。

皆さんが普段利用する銀行口座やクレジットカード、はたまたECサイトの購入履歴や電子マネーの履歴、お金にまつわるだいたいのことはインターネットで情報が拾えます。

これらを自動で取り込んでくれるのです!

どれもビジネスにはなくてはならない要素ですし、これらを自動で取り込んでくれるって素敵じゃないですか??

ざっと、私のアカウントを紹介しますね。

こんな感じでトップ画面に連携済みの口座、クレジットカード、各種アカウントの残高と自動で取り込んだ仕訳データが一覧で表示されます。(残高少ないんですトホホ)

Yahoo!カードと楽天カードに未仕分けが50件弱残っていますね。

これも手作業で記帳していたら1時間作業です。が、AIにお任せなら、1分で完了です。

例えば・・・私のアカウントの楽天カードの未仕分けを見てみましょう。

クレジットカードでガツガツ仕入れを起こすと仕分けの画面はこんな感じになります。↓↓

最下行の楽天市場のお買い物以外は全て自動入力済みです。

”ラクテンイチバ75002”は過去に履歴がないため”仕入高”までは自動で入力されましたが”補助科目”が自動入力されませんでした。

これはアメリカ向けの仕入れと入力されて欲しいところです。

しかし、これも補助科目をプルダウンから選択して終わりです。次回の仕入れからは自動でここも入力されるようになります。

そして、一括でチェック&登録でこれらの仕分けがすべて記帳されます。

ここまで2アクションです。

リアルタイム経営分析

素晴らしいのが、リアルタイムで経営状態が分析できること。

経営者として、経費の削減は必須です。

どこにどんな経費がどれくらいかかってるのか?更にはキャッシュフローだったり利益だったりを把握する必要があります。

仕分けされた分までの残高試算表と損益計算書が常にアップデートされた状態でリアルタイムで閲覧できます。

また、勘定科目や補助課目の設定も自由自在です。

各ビジネスモデルごとに売り上げ、仕入れ、経費を分けておくことで、それぞれの利益の把握も可能になります。

私のアカウントの場合はこんな感じで仕分けされています。

売上高

ビジネスモデルごとに補助課目を作って一覧にできます。

どのモデルでどれだけ売上があるのか一目瞭然です。

仕入高

どのモデルのための仕入れかを補助課目で分けておくことでモデルごとの粗利の計算が可能になります。

経費

これもモデルごとに分けられるものは分けて、分析に役立てています。

私の経費の科目を掲載しますので参考にしてください。

構成比をみればどこに経費がかかっているのか簡単にわかります。

各プラットフォームに払った販売手数料なんかも一目瞭然ですね。

ビジネス全体の利益(控除前所得金額)

そして会社として儲かっているのか、所得金額がリアルタイムで表示されます。

ただし、物販をやられている方は在庫を抱えていますので、在庫額によってはマイナスで表示されると思います。

ここを正しい数値にするためには売掛と在庫棚卸の作業が必要です。

それらについての参考記事はコチラ↓↓

確定申告書の作成がボタン一つで完了

なんと、クラウド会計には確定申告書を作成する機能がついてるんです。

データさえ揃っていれば、このボタンをポチっとして終わりです。超絶便利ですね。

いくらするの?

さて、ここまで色々と便利な面を押し出してきましたが、実際いくらするのよ?って。

皆さんここが大事ですよね?

私の利用しているマネーフォワードクラウド会計、このサービスが高価であれば意味がないですよね??

それが、なんと!

なんと!

月額がたったのイチキュッパですよ!!19800円じゃありません!1980円/月ですよ!2000円でおつりが来ちゃいますよ!

事業規模によっては月額2980円ですが、それでも安いですよね?

スタートアップしたばかりで、年間50件しか仕分けがない方は無料プランでも行けちゃいますよ。

例えば時給1000円のアルバイトに記帳をお願いしたとします。

事業内容や規模にもよりますが、私のケースで言うと仕分けは1年で7000件でした。

1件当たりの記帳を1分とすると、7000分です。時間にすると1年で116時間です。

時給に掛けると116000円です。

仮に作業スピードが半分になって、1件30秒だとしましょう。それでも6万円弱はかかります。クラウド会計にすると年額比で5万円以上経費が削減できるんです!

これ、事業規模が大きくなればなるほど負担は増えますよね?でもクラウド会計なら一律同料金です。

5万円削減出来たらお得じゃないですか??

ちなみに税理士さんに記帳をお願いした場合、この仕訳件数だと3万円/月はかかります。

年間にすると36万円以上です。これがなんと年間2万円ちょっとで収まるので、

30万円以上の経費削減ですね。

30万円あったらいろんなことできますよ!

ちなみに、個人事業の方はMFクラウド確定申告という方のサービスで、こちらは月額が驚異の800円です!!

法人の方はMFクラウド会計

個人の方はMFクラウド確定申告

を選択して下さい。違いは決算書等の書式が異なるだけで、主な機能は変わりません。

税理士さんは必要?

じゃぁ税理さん要らないじゃん!ってなると思います。

私見ですが、税理士さんの価値は会計業務、税務に関することの解釈の相談役だったり、税務調査への備えだと思っています。

自分はこうこう、こういう理由で仕分けをして、これとこれを経費にしました、と言っても、法的にこういう解釈になるので、こうこう、こうしてください、というようなアドバイスを頂ける相談役。

税務調査が入るときに、間に入ってもらうことで自分の業務を止めないようにしてもらう壁役。

AIと自分で作った帳簿のダブルチェック役。

こういったところに対価を払う価値は十分にあると私は考えています。

ちなみに、クラウドなので、税理士さんを訪問しなくてもオンラインでお互い閲覧できるのも良い点です。

正直、クラウド会計に対応していなくて、仕分けしかしてくれない税理士さんは価値がないので乗り換えていいと思います。

まとめ

  • 記帳作業はクラウド会計を使えばAIが自動でやってくれる
  • ネットに足跡が残る取引は全て自動で取り込んでくれる。
  • リアルタイムで経営分析ができる
  • 確定申告書がボタン一つで作成可能
  • 記帳代行よりも断然安い。個人ならなんと月額800円
  • 時間を節約したい方にはうってつけ

申し込みはコチラからできますよ→マネーフォワードクラウド会計・確定申告

お悩み等はぜひお気軽にLINEにご連絡ください!
記事では書けないお得な限定情報も配信中!
LINEの友達追加は以下のQRコードから♪
友だち追加

私に記事を書くモチベーションをください!この記事が為になった!と思っていただけましたらSNSでシェアをお願いします!