【MNPスマホ転売】誰でもできる!たったの1日で利益30万円!

年の瀬です。お年玉をあげる季節が目の前にやってまいりました。やばいよやばいよー!お財布が軽いよー!

そいうわけで稼げるモデルを探しました。単発だけどこれは稼げますよー!!

スマホの転売が一昔前に流行ってましたが、規制だなんだで廃れたと思いきや、今もまだまだ稼げるんですよ!(※単発です。常にできる手法ではありません)

簡単に言うと、新規契約ではなく、MNPといって”キャリア乗り換え”によって買い替えたスマホを転売します。

最初は私も本当に!?と思っていましたが、だったら実践してみて証明したらいいじゃん!ということでやってみました。

で、実際に30万ほど稼げたので、概略を紹介したいと思います。(うまくやれば50万ほど狙えます)

稼げるメカニズム

paypayの100億円キャッシュバックもそうでしたが、あるプラットホームのシェアを奪うためにはお金をばら撒いてしまうのが手っ取り早いのです。

携帯キャリア大手3社も常にシェアの奪い合いをしていて、様々なキャンペーンで間接的にお金のばら撒きをしています。

企業としては最終的に収益が上がればいいので、リピーターを獲得するために最初は赤字でも商品を売って自社の魅力をアピールしていきます。

サプリなんかでよくある”初回半額!”のようなキャンペーンもこれにあたります。

誰かの赤字を拾って利益に替える、というのが転売(CtoC)の本質的なところですね。

今回のMNPスマホ転売もこれにあやかっていて、携帯キャリアの広告宣伝費をうまく拾い集めて利益に替えていきます。

MNPは自社の契約数を増やすだけでなく、ライバル企業のシェアを減らす効果もあるため、企業はMNPへのばら撒きを重点的に行っています。

今回はiPhoneXR 通常価格10万円のスマホを無料で手に入れることに成功しました。 iPhoneXRの買取相場が7万円で、6台契約することができたので、全部で42万の粗利となり、ここから様々な経費が差し引かれて30万円の純利益に落ち着きました。

cof

おおまかなスキーム

  1. 格安SIMで新しい携帯番号を契約する
  2. キャンペーンに乗っかるためにクーポンや下取り用の端末をメルカリ等で集める
  3. MNPするために予約番号を発行する
  4. ショップに行ってMNPする
  5. スマホを転売する
  6. 不要になったオプションや回線を解約する

細かなノウハウ

実際にやってみると、どの格安SIMがいいとか、クーポンはこれが効率がいい、とかこんなキャンペーンを組み合わせるとおいしいとか、細かいノウハウがたくさんあります。

今回の場合、利益は30万円となりましたが、勉強不足で不発に終わったキャンペーンやクーポンもありました。

うまく、クーポンやキャンペーンを使いこなせれば50万円ぐらいは狙えそうだと実感しました。

スピード感(リードタイム)

実際に、この転売に取り組もうと思ってどれくらい時間をかけたのかまとめました。

  • ノウハウリサーチ 1日
  • 新規番号契約→端末到着 3日
  • MNP予約番号発行 2日
  • 店舗でMNP 1日
  • 買い取り業者持ち込み 1日

最短でも1週間かかります。というか取り掛かり始めて1週間で月利30万円達成できるモデルってめちゃくちゃ魅力的じゃないですか!?

しかも、実労働時間でいうと1日もかかりません。

そして、継続的にできるモデルではないため、飽和しづらいのも特徴です。

まとめ

めちゃくちゃ簡単!単純作業であっという間に資金を作ることができます。

これ、やらない人は損ですよ。

 

お悩み等はぜひお気軽にLINEにご連絡ください!
記事では書けないお得な限定情報も配信中!
LINEの友達追加は以下のQRコードから♪
友だち追加

私に記事を書くモチベーションをください!この記事が為になった!と思っていただけましたらSNSでシェアをお願いします!