【国内転売】脱転売 まだ売れてない商品を売るためのステップアップ ①キックオフ

先日、一番の取引先の卸問屋様より、この商品売ってほしいのだけど、と売り込みがありました。

すぐさまAmazonでの売れ行きを調べてみたのですが、まったく売れていませんでした。転売目線だと、この時点で仕入れ却下になると思います。

しかし、競合商品はどうなってるか調べてみると、価格は安いものの、すごい売れていました。

では、なぜ売れていないのか? レビューを読み込んでみると、なるほど、まだまだこのジャンルは成長の余地がある&この商品自体は売れるポテンシャル(機能)は持っているけど、単純に認知度が低すぎるという仮説に行きつきました。

普段であれば、価格差、回転を見て”仕入れ却下”とする案件ですが、下記の要素があったので取引をすることになりました。

  • 卸問屋が総代理店となっているので流通をコントロールしやすい(ネット販売はうちだけに卸してくださいと交渉しておきました)
  • ジャンルとしては売れている
  • 競合商品に対し、機能で優れている部分がある
  • 脱転売に向けたスキルアップができる

今回の案件を進めるにあたり、やることの洗い出しと計画を立てました。

基本的な流れは以下の通りです。

  1. 商品の専用ランディングページを作成
  2. 狙ったキーワードで検索上位に来るようにSEO対策
  3. SNSで広告を流し集客

事前リサーチ リードタイム1ヶ月

ランディングページを作るにあたり、どんな情報を詰め込むべきか事前にリサーチしておく必要があります。

  • 商品のこと、お客様のこと
  • マーケットボリューム
  • 価格帯
  • 潜在的なニーズ
  • 商品にまつわるキーワード

ランディングページ作成 リードタイム1ヶ月

事前リサーチで集めた情報をもとに、どんなページ、キーワードで攻めるかを決め、顧客心理に刺さる宣材写真を考えたり、ページを構築していきます。

広告戦略 リードタイム1ヶ月

ランディングページを作成したら集客が必要です。もちろんSEO対策で検索上位に来るような努力はしますが、上位に表示されるまでに時間がかかるので、ここは広告の力を利用します。

今回はSNS広告を利用し、事前リサーチでつかんだ客層をもとに、狙った層のみにピンポイントで広告を出していく予定です。

Youtubeの広告も視野に入れているため、動画広告も作成していきます。

PDCA リードタイム半年

半年ほどで各施策を解析するためのデータが蓄積されてきますので、このデータをもとにキーワードのブラッシュアップだったり、売価の再検討などのPDCAを回していきます。

今回はキックオフということで、計画のみのPRとなりましたが、1ヶ月ごとに進捗を報告していけたらと思っています。

 

お悩み等はぜひお気軽にLINEにご連絡ください!
記事では書けないお得な限定情報も配信中!
LINEの友達追加は以下のQRコードから♪
友だち追加
 

私に記事を書くモチベーションをください!この記事が為になった!と思っていただけましたらSNSでシェアをお願いします!