【転売・せどり・国内・輸出】これさえ押さえれば売れる商品が見つかる!商品リサーチの基本の型

ネット物販を始めようと思ったとき、実際に商品リサーチってどういう風にやるんですかー?とお困りのアナタ。

この記事で紹介する基本の型をマスターすれば、どんなプラットフォームのリサーチも対応できるようになります。

是非、ワクワクしながら読んでください♪

商材の探し方→モデリング

駆け出しのころは経験値ゼロ、レベル1の冒険者状態なので、まずはすでに商売をしている先輩冒険者をマネるところから始めましょう。

これをモデリングと言います。

これはどのプラットホームでも同じで、仕入れを検討している商材を決めたとき、その商品、もしくは類似商品を販売している業者の商品を調べます。

物販はボランティアではなく、利益を求めて行います。

つまり、ライバルが販売している商品は利益が出る、もしくは売れるから商品として並べている、はずなのです。

もちろん、例外として戦略的に赤字で売る商品もあれば、売れないけども賑わい感を演出するために並べておく商品もあります。

無在庫で販売している業者も例外です。無在庫とは?

まずは売りたいプラットホームでキーワード検索して商品から販売業者を見つけましょう!

アナタが家電量販店でせどりをしているなら、家電を販売している転売業者(ブランドや商品で検索)

海外で転売をするなら、日本の商品を売っている業者(Japanなどで検索)

を探していきます。

例えばAmazonでおもちゃのウーモを転売している転売業者を探してみましょう。

検索した結果がこれです。

そして、その業者のページ行くと、業者の取り扱い商品一覧が確認できます。

この業者さんからわかるのは、ここに並んでいる商品が利益の取れる可能性のある商品ということです。

ここからさらに、どれくらい売れているか、どれくらい利益がでるのかを深堀していきます。

繰り返しになりますが、この方法はAmazonだけではなく、メルカリ、ヤフオク、e-bay、情報商材、アフィリ、どのプラットホームでも共通です。

売れ行きの確認→ランキング

先のモデリングである程度商品が絞れて来たら次は売れ行きの確認です。

仕入れたはいいものの、不良在庫になってしまっては元も子もありません。

まず、見るべきはAmazonのランキングデータです。

Amazonの売れ行き(ランキング)はその商品のその国全体での需要がおおよそ反映されています。

もちろん例外もあります。

アパレルの需要が知りたければ、ZOZOTOWN等そのジャンルに強いECプラットホームのランキングを見るべきです。

とは言うものの、Amazonはオールジャンルに展開しているので、需要を把握するツールとしては申し分ないです。

楽天・Yahoo!は非型番商品と言われるオリジナル商材(食材やOEM)に強いので、そういった商材を売りたい方は楽天での類似商品のランキングを確認しましょう。

さらに、Amazonのランキングデータを分析するために国内はモノレート、海外はkeepaというツールを使います。

モノレート

モノレート

モノレートとは、Amazon内のランキング変動ログをまとめて表示してくれるサイトです。

ランキングが変動した、ということは売れた、ということの裏返しです。

つまり、ランキングが何回変動したか?を追いかけることでその商品が何回売れたのかが予測できます。

注:何回売れたか?です。まとめ買いのケースもあるので、何個売れたかではありません。

また、現状、日本のAmazonのみ対応です。

使い方

このサイトでAmazonで売られている特定の気になる商品を検索します。

商品名・ASIN・JANで検索ができます。

この商品は過去1ヶ月でランキングが92回変動しています。

月に100個近く売れているという見方ができます。

相場の変動と、出品者数の変動、ランキングの変動が時系列でグラフで表示されます。

価格変動

これを分析することで、たまたまセールで安いのか、品切れで値段が高くなっているのか(プレ値)、出品者数の増加とともに値段が下がっていないか(価格崩壊)知ることができます。

出品者数

ブランド登録されている商品は権利者しか販売することができません。

そういった商品は出品者数がその業者とその身内のみですので1~3人ほどで変動がありません。

そういった商品に手を出してしまうと知財権でクレームが来ますので扱わないようにしましょう。

出品者数が20人等の商品は販売者が群がっているため価格崩壊のリスクを秘めています。

ランキング

このグラフと相場の変動を読み解くことで、通年売れる商品なのか?トレンドで売れているだけなのか?セールで赤字になるほど安くなったから売れたのか?等を読み解くことができます。

まとめ

これらのデータをモノレートから分析することで、その商品の相場と、どれくらい売れるのか、が詳細に分析できます。

あとは販売手数料や送料等を加味して利益が残るのか、を計算して仕入れの判断材料とします。

Keepa

海外でのAmazonランキング分析にはモノレートが使えないのでKeepaというツールを利用します。

使い方

こちらはGoogle chromeの拡張機能です。

ここからインストールしてください。

機能が有効になっている状態でAmazonにアクセスすると、下記のように商品情報と一緒にモノレートと同様のデータが取得できます。

しかし、keepaはモノレートよりデータの精度が粗く、商品によってはデータが見れないこともあります。

 

海外Amazonの需要が知りたい方はこの方法で分析を行いましょう。

他のプラットホームでの売れ行きの分析

楽天、Yahoo!を除き、メルカリ、ヤフオク、e-bay、BUYMA、どのプラットホームも販売履歴を追いかけることができます。

Amazonのようにグラフ表示はできないですが、売り切れでソートできるので、何が、いつ、いくらで売れた、というデータを目視でカウントしていきます。

 

利益計算

最終的に利益が残らないとビジネスが継続できなくなってしまいます。

販売価格から手数料・送料・仕入れ原価等の経費を差し引いて、利益がいくら残るのか計算します。

Amazonの場合、手数料を自動計算してくれるツールがありますので、そちらを活用してください。

FBA料金シミュレーター 日本版

FBA料金シミュレーター US版

この商品の場合、販売価格が679円だった場合、手数料が253円で、かかる経費が仕入れの300円だけなら利益が24円残ります。

ということがボタン一つで計算できます。

仕入れ判断

仕入れを判断するのはアナタ自信です。

そして判断には基準が必要です。

これは経験値とその人の価値観で決まります。

何個売れるのか?

いくら利益が残るのか?

値下がりのリスクはあるのか?

いつでも売れているのか?

ここまでのデータが揃った時に、あんまり儲からないから辞めよう、となるのか、いやいや薄利でもいいから少しでも利益をかき集めるんだ、となるかはアナタの価値観次第です。

ただし、ここの線引きに確かな数字を持っていないと、その日の感情、体調で判断がブレてしまいます。

必ず数字で判断できるように基準を設けましょう。

まとめ

  • モデリングで商材を探す
  • 売れ行き、相場の変動をモノレート・keepaで確認する
  • 利益が残るか計算する
  • 仕入れ判断するための基準値を設ける

最後までお読みいただきありがとうございました!

お悩み等はぜひお気軽にLINEにご連絡ください!
記事では書けないお得な限定情報も配信中!
LINEの友達追加は以下のQRコードから♪
友だち追加

私に記事を書くモチベーションをください!この記事が為になった!と思っていただけましたらSNSでシェアをお願いします!