【ネット物販・転売】転売スタイルまとめ 有在庫・無在庫・輸出・輸入

せどりやネット転売って色々なジャンルがあって、初心者の方は何が何だか???だと思いますので、各スタイルと特徴をまとめておきたいと思います。

まず大まかに分けて2つのスタイルです。

  • 有在庫
  • 無在庫

有在庫

これは売れる商品を安く仕入れて、どこかのプラットホームで売るとうスタイルです。

ヤマダ電機などで赤札商品を買い集めてAmazonで売るなんて言うのは有在庫スタイルです。

先に商品を仕入れることになるので、お金が必要です。

現金、クレジットカード、融資をフル動員して運用します。

不良在庫と値崩れが大きなリスクです。

無在庫

どこかのプラットホームで売っているものを、別のプラットホームで先に出品しておいて、売れたら仕入れて送るというスタイルです。

Amazonで売られているものを、商品ページをコピーして、利益を上乗せしてメルカリ等に出品するというのは無在庫スタイルです。

受注生産、お取り寄せ商品、ドロップシッピング、BUYMAもこれに属します。

在庫を持たないので不良在庫のリスクがありません。

また、売り上げが確定してから仕入れをするので有在庫のように大金は不要です。

受注生産品のような誰も在庫を持ちたがらないものを、機械的に大量出品していくことになるので、商品管理が課題となります。

注文確定後に、いざ仕入れようと思ったら終売品でどこを探しても手に入らない、といったトラブルがよく発生します。

派生

そしてこれら有在庫・無在庫において国をまたぐか否かで3つに派生します

  • 国内 国内のどこかで仕入れて、国内で販売するパターンです。
  • 輸出 国内のどこかで仕入れて、海外で販売するパターンです。
  • 輸入 海外のどこかで仕入れて、国内で販売するパターンです。

 

家から出るか否か

さらに仕入れ方によって、2つの派生が存在します。

実店舗

実際に店舗で仕入れをすることです。

不良在庫が赤字処分されている場合や、プレミア商品を朝から並んで購入する場合はこちらです。

ブックオフやハードオフ、家電量販店巡りもこれです。

電脳

オンラインで仕入れをすることです。

メルカリでの仕入れ、ヤフオクでの仕入れ、Amazonを使った仕入れ、ネットで注文する場合は全て電脳です。

家から一歩も出ずに完結することができるので、お店の空いていない平日の夜に、副業で仕入れを行う方の選択肢となります。

具体例

  • 国内転売メルカリ等で仕入れてAmazonで売るスタイル。さらに実店舗派・電脳派にスタイル分けされる。
  • FBA輸出転売国内で有在庫で仕入れて海外のAmazonやebayで売るスタイル。
  • 無在庫輸出転売国内の色々なサイトの商品ページをひたすらコピーし、海外のAmazonやebayで空売りするスタイル。
  • 無在庫輸入転売buymaのように、海外サイトの商品ページをコピーし、国内のサイトで売るスタイル。
  • 中国OEM・ODM有在庫輸入 DAISOはこのスタイル。 電脳派はアリババ等で仕入れ、実店舗派は買い付けに中国まで行く。
  • 輸入総代理有在庫輸入 電脳派はメールや電話で海外メーカーから仕入れる、実店舗派は海外の展示会に買い付けに行く。

※中国OEMや輸入総代理は転売の域を超えて、自社商品として販売することになるので転売からのステップアップとして目指す方が多い

私に記事を書くモチベーションをください!この記事が為になった!と思っていただけましたらSNSでシェアをお願いします!