【ロードバイク・メンテナンス】たったの15分で終わる!コードレス高圧洗浄機のサクッと洗車術

以前に冬場はお風呂場でロードバイクを洗車しましょーという記事を紹介させていただきましたが、お風呂場での洗車に抵抗がある人も多いはずです。

そんな方のために、BOSCHのコードレス洗浄機が本当に神アイテム過ぎるので是非紹介させて下さい!

一軒家暮らしで庭に水道栓が付いていて、洗車なんて特に困ってないよ、という方には価値は下がってしまいますが、アパート暮らしの方や外に水道が無い人には是非お勧めの機材です!

ケルヒャーが欲しいけど、電源も水道栓も確保できないしなー、とお悩みの方に!

いつもバケツに水を汲んで洗車している方に!

自転車だけでなく、マイカーの洗車やベランダ、玄関周りのお掃除にも!

バッテリー式&タンク内蔵なのでどこでも高圧で洗車できちゃいます!

玄関先、ベランダ、駐車場、はたまたレース会場、どこでも洗浄機が使えちゃうんですね!

特にシクロをやってる方なんて、現地で泥んこを落とすのに最適なのではないでしょうか!?

コードレス洗浄機って?

その名の通り、バッテリー駆動&タンク内蔵のポータブル洗浄機です!

Amazonでコードレス洗浄機を検索してみると、中華製やら色々な機種がありますが、そんな中でもレビューやスペックを眺めてみるとBOSCHのfontusが特に良さそうだったので、これを買ってみることにしました。

BOSCH fontus(ボッシュ フォンタス) スペック

18V リチウムイオンバッテリー搭載 (BOSCH製他機種と共用)→ カタログ値で45分稼働します。 ロードバイク1台当たり2分くらいしか噴射しないので、1度充電すると20台は洗える計算です。

吐出圧力 1.5Mpa → ケルヒャーと比べると数値的には低いですが、ロードバイクの洗車には必要十分なパワーでした。

ちなみに水道の水圧は0.3Mpaくらいらしいので水道からホースで洗車するよりも高圧です。

タンク容量 15L → ロードバイク3台分くらい

<内容品> 本体・バッテリー・充電器・ホース・ガン・ブラシ

バッテリー充電器以外の付属品は本体に収納できるお利口さんな造りになっております。

ガンとブラシは前面に、バッテリーとホースは背面に収納できます。

 

タンクへはお風呂場で給水してみました。

シャワーヘッドを直接突っ込めるぐらいの給水口サイズです。

タンクは15Lで手際よく行えば自転車3台分くらいは洗えます。

ホースのコネクターはねじ込み式なのですが、ぐるぐるネジを回すわけではなく、半回転させるクリックタイプでした。

これがまた使いやすいです。

ガンのホルダーもあるので使い勝手が良いです。

サイズ感もベランダで使用しても十分収まります。

パワーは3段階です。

もちろんMAXで使用します!

実際にベランダで洗車してみました。

ベランダでサクッと15分以内に洗車をすることを目標に、ホイール等は外さずにそのまま洗車していきます。

洗車用具

用意するのは次の6点

  • チェーンクリーナー
  • マルチフォーミングクリーナー
  • ラスペネ
  • チェーンオイル
  • 刷毛
  • チェーンブラシ

クリーナーを吹きかける

チェーンクリーナーを各部に吹きかけていきます。

まずはブレーキ周りにシュッとひと吹き

続いてディレイラー周りとスプロケ、チェーンにシューーっと吹きかけます

ブラシでこびりついた汚れを浮かせる

刷毛で摺動部や油汚れが付いているところを擦って汚れを浮かせます。

スプロケはブラシを当てながらクランクを逆回転させるだけで汚れが取れていきます。

チェーン用ブラシでチェーンにこびりついた汚れを落としていきます。

泡の力で汚れを包み込む

この工程は食器用洗剤とスポンジで泡立ててもいいのですが、それだとバケツに水を汲んで、という手間が発生してしまうので、時短を目指す今回の洗車ではマルチフォーミングクリーナーを使用していきます。

このクリーナーは浮かせた汚れを泡で包み込んで、ふき取るだけでor水で流せばOKなクリーナーです。

とても便利です。

ブラシで汚れを浮かせたところを中心に泡を吹きかけていきます。

ドリンクの汚れなどにも吹きかけていきます。

BOSCH fontus を出動させる

いよいよここでボッシュのフォンタス様の登場です。

パワーはもちろんMAX!

そしてノズルのダイヤルを細目に設定します。

発射!!!!!

ブシュァァァアアアア!!!!

ってなってるんですが、うーん、写真じゃ勢いの強さが伝わらないですね・・・

水道からホースで引っ張るより強いです。

ノズル設定を一番細く設定すると強すぎるくらいです。

とにかく一瞬で水洗い工程が終わります。

しかも水圧で細かい隙間の汚れも一瞬で吹き飛んでいきます。

さらに、ついでにベランダの汚れも剥がれ落ちていきます。

流し終わったらマイクロファイバータオルで拭き上げます。

注油する

メカ部にラスペネで注油し、チェーンにはチェーンオイルを注油していきます。

かかった時間

準備、洗車、拭き上げ、注油、片付け

全ての工程を含めて15分で完了しました。

ホイールを外さなくても細かい隙間はフォーミングクリーナーと水圧で汚れを吹き飛ばせるのがいいですね!

いやー楽ちんです。

まとめ

  • アパートのベランダや玄関先でも洗浄機での洗車が可能になる
  • 使い勝手がよく、これ一台で大掃除やクルマの洗車等色々こなせそう。
  • ロードバイクの洗車にはもってこい
  • クルマに載せればシクロやMTBでも活躍間違いなし!

洗浄機があるとロングライドから帰ってきて、ちょっと汚れが気になるな、という時にお手軽に洗車できるようになります。

BOSCHのコードレス洗浄機、お勧めです!

 

洗車道具まとめ

ワコーズ チェーンクリーナー

ワコーズ マルチフォーミングクリーナー

ワコーズ ラスペネミニ

ワコーズ チェーンオイル

私に記事を書くモチベーションをください!この記事が為になった!と思っていただけましたらSNSでシェアをお願いします!