【ロードバイク・トレーニング】L4領域の成長が鈍化しました。1ヶ月10Wの伸び率です。

正月からトレーニングを再開し、開始2週間で20minパワーが60Wも向上しましたが、この1ヶ月全然成長しませんでした。(ゼロではありません)

練習開始当初のようなグングン伸びる感覚はなく、毎度同じ設定値に対し同じ辛さを体感し、全然成長を感じないといった状態でした。

LT領域がVo2maxに近づいてくると、この頭打ち現象が発生するため、Vo2maxを引き上げるトレーニングが必要になってきます。

この領域をブレイクスルーするために、SSTトレーニングの後半に高強度領域を混ぜることで20minパワーが10W向上しました。

この1ヶ月のトレーニングを振り返ります。

トレーニング頻度

仕事やその他プライベートとのバランスを考えると、どうしても優先度を下げてしまい、週に2回~3回、30分程度しかライドしない日がほとんどでした。

3週間ほどは同じ設定値でSSTのみをこなし、頭打ちを感じたため、1分走や3分走の高強度をSST後半に混ぜるトレーニングに切り替えたところ、

翌週には設定値に対して、緩さを感じるようになり、再び伸び始めました。

そもそも練習量が少ないので、この練習量で成長しているのは凄いことなのかもしれません。

 

パワーカーブ

L5領域の高強度を混ぜたおかげで10分パワーが伸びて290Wまで到達しました。

自己ベストまではあと30Wです。

20minパワーは270W→280Wとなりました。

今後の展開

LTの成長が頭打ちになると、Vo2maxを伸ばしながらLTも後追いで鍛える必要があるため、高強度(Vo2max向上)とSST(LT向上)を交互に繰り返すことで効率的に成長していくことができます。

過去を振り返ると、3minごとに10%負荷を上げていくトレーニングが個人的にマッチしていたため(LT~Vo2maxの全域を鍛えられる)、今後はこのトレーニングに切り替えて成果を記録していきます。

5月までに20minパワーを300Wまで持っていくことを目標にトレーニングを組み立てていきます。 1ヶ月で10Wずつの向上で間に合う計算です。

まとめ

  • SSTだけやっているとLT領域の成長が頭打ちになる
  • Vo2max領域のトレーニングを取り入れてブレークスルーする

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

私に記事を書くモチベーションをください!この記事が為になった!と思っていただけましたらSNSでシェアをお願いします!