【ロードバイク・プロスポーツ】本気でマネタイズを考えないと、プロスポーツとしてのロードバイク競技が消滅する

プロスポーツと言って、真っ先に思いつくのは野球・サッカー・相撲・テニス・バスケ

どれも共通しているのはスタジアム競技であり、プレイヤーがプロとして食べていけること。

逆に、私の大好きなロードバイクはというと、スタジアム競技でもないし、日本のプロツアーではプレイヤーが副業をしながら生計を立てているのが当たり前。

とにかくロードバイクでは食っていけないんです。

なぜか?お金が落ちる仕組みがないからです。

これをブレイクスルーするために何か良いアイデアはないでしょうか?

深堀してみたいと思います。

エンターテイメント性の欠如

プロスポーツはエンターテイメントです。エンターテイメントでなければお金が巡りません。

プレイヤーとしてのエンターテイメント性に対価としてお金(参加費)を払うのがアマチュア競技です。

プロは競技を通してのエンターテイメントをファンに提供し、その対価としてスタジアムのチケットやグッズにお金を落とし、そのお金が巡り巡って選手に還元されます。

ロードバイク競技はどうでしょうか?

無償で観戦でき、かつ、観戦したとしても目の前を集団が一瞬で通り過ぎるだけ。

スタートとゴールしかわからない。

途中の展開、ゲームの駆け引きはレース後の選手目線でのレポートでしか伝わらない。

ヨーロッパの3大ツールでようやく空撮でレース全体が観戦できる、といった具合です。

国内のロードレースはTV中継の無い箱根駅伝と一緒なのです。

食べていけないから人口が増えない

高校野球で甲子園を目指して、ある程度の実績を残してプロ入りの可能性が見えると、その先の生活がある程度見えてきます。

ロードバイクではヨーロッパでプロ入りができるだけの実績がないと食べていけません。野球で言うとメジャーリーガークラスになれないとダメなのです。

国内プロではサラリーマンをした方がよっぽど良い生活が送れます。

ですので、プロを目指す選手も増えませんし、プロになっても競技レベルを上げようと練習時間を多く取ろうすると生活ができなくなり、辞めていく選手がたくさんいます。

これでは競技人口の母数が増えず、人口ピラミッドが小さいと、競技レベルの人口分布も小さいピラミッドのままとなります。

人口が増えないからスポンサー企業も増えない

自転車競技のスポンサー企業と言えば、自転車用品のメーカーばかりです。

野球やサッカーはどうでしょう?

ウェアメーカーだけではなく、新聞、通信、IT、色々な企業のスポンサーが入っています。

ロードバイク競技は観客の前を一瞬通り過ぎるだけ、テレビでも放映されない。

とにかく露出が少ないのです。

スポンサー目線で、露出のない媒体に広告を出す魅力がありません。

負のスパイラル

観戦する側がつまらない・プレイヤーが食っていけない・露出しない

現状、ロードバイク競技は完全にコンテンツとして終わっています。

楽しめるのはプレイヤーだけです。

これをポジティブのスパイラルに替えましょう!

レッドブルを見習うべし

レッドブルは情報発信を活用し、マイナースポーツにエンターテイメント性を付加、撮影&ネット配信することで露出をアップ、自らがスポンサー企業として広告費を払い選手に還元し数々の成功を収めています。

ネットゲームの実況中継も同じです。観戦者が自由にプレイヤーを切り替えながら観戦できるので、よりゲームを楽しむことができます。

私はこれらの手法をロードレースに取り入れてマネタイズする手法を提案します。

ロードレースは元々、数々の駆け引きがあるのでとてもゲーム性が高い競技です。

これを観戦側に伝えてあげればいいのです。

テレメトリー&車載動画配信

レースの駆け引きを把握するために、選手の状態と車載動画をデータで配信します。

各選手の車体前後にアクションカメラを搭載し、リアルタイム配信をします。

選手全員の心拍数、パワー、累積パワー、スピード、移動距離を一覧にして車載映像と同期させて配信するのです。

観戦する側としては選手の疲労度だったり、どういった動きをしているのかが一瞬で把握できます。

そして、気になる選手を選択すると、その選手の車載映像が見れるのです。

GPSのデータで自動的に近くの選手をグルーピングし、集団をソートできる機能も必要です。

集団から抜け出す選手がいれば、GPSが把握し、すぐさま観客がその選手の車載映像を楽しめる、といった仕組です。

セッション時間ベースで選手に報酬を還元

この映像・データ配信はもちろん有料で、レースの統括団体がコントロールします。

この有料配信の収益の一部を車載映像のセッション数・セッション時間が高い選手に還元します。

自転車レースでは勝つことが全てではなく、レースの展開に貢献する選手にも称賛が与えられます。

レースで活躍すれば、ファンが着き、ファンが増えれば車載映像のセッションが増えて、個人の収益に繋がります。

個人の収益に繋がれば、ファンを獲得するために積極的な動きをする選手が増えます。(消極的な選手はたとえレースで勝ったとしても観戦していて面白くないのでセッションは増えないでしょう)

積極的な動きが増えればよりレースが面白いものになります。

セッションが多い選手の映像を見るためにはより高い有料プランを用意してもよいでしょう。

(無料プランは下位チームのみ観覧可能、上位チームは有料プランのようなイメージ)

これにより、ロードレースにはなかった観戦収益が挙げられるようになります。

露出が圧倒的に増える

データ配信でのスポーツ観戦になるため、配信データに常にスポンサー企業名を入れることが可能となります。

全世界配信という魅力、また観戦者数をデータで把握できるため、スポンサードする側も効果測定を行いやすく、広告を打つ魅力を感じやすくなってくれるはずです。

スポンサードが増えれば、お金が巡ります。

何をやればいいか?

観戦用アプリ開発

自転車用テレメトリーシステム開発

動画配信システム開発

集客システム開発

これらをパッケージ化して、小規模でモデル作成&テストして、全世界に発信していったらメチャクチャ面白いと思うんです。

e-sportsやドローン競技でシステムの下地はできてると思うんです。アレンジするだけでそんなに難しくはないと思うんですよね。

課題

何をやるにしてもお金と人です。

クラウドファウンディングに出してみようかな。

きっと現行統括団体では出来ない理由を並べて実現はしないと思います。

レッドブルのように統括団体を無視して独自で立ち上げていくパイオニア的動きが必要です。

このアイディアが資金力とコネクションのある人の目に留まってくれたらうれしいです。

私に記事を書くモチベーションをください!この記事が為になった!と思っていただけましたらSNSでシェアをお願いします!