パワーカーブ見てますか? あなたがレースで勝てない理由

戦略を立てるには自分を知ることが重要です

まず、最初に言います。パワーがあるのにあなたがレースで勝てないのであれば、それはうまく戦略が立てられないからなのです!

皆さん自分のスペックって知ってますか??
パワトレしてる人だとFTPこんくらいですよーって返事が返ってきます。

パワーメーターがない人だと、この山を○○分で登れますよーって感じですね

最近、パワトレがトレーニングのスタンダードになってきましたが、パワトレに取り組んでいるっていう人でFTPはわかるけど、パワーカーブを把握していない人が多いことに気づきました。

せっかくパワトレに励んでいても、自分のFTPしかわかりません!だと戦略立てづらいし、レース中の動きにも迷いが出てしまいます。

パワーメーターはスカウター的な役割を果たしてくれますが、それだけではありませんよ!
もう少し詳しく説明していきますね。

なぜパワーカーブが必要か?

FTPがわかるとソロでの巡行能力がわかります。逆にそこしかわかりません。
レース中はコースプロフィールや展開によって常に負荷が変動します。

この展開だと自分はあと何分、何秒耐えられる。
こんなにパワー出てると相手はこれくらいしか耐えられないはずだ。
みたいな計算がパワーカーブを知っているとできるようになります。

つまりダメージと残りHPがわかるようになります。

パワーカーブの見方

これはStravaから持ってきた私のパワーカーブです。(パワー解析ソフトがない人はStrava契約しましょう)
横軸が時間、縦軸がパワーとなっています。

私のパワーカーブと局面を想定すると以下のようになります。

  • 1秒1200w
  • 15秒700w←スプリント
  • 1分450w←アタック時or短い登り
  • 5分330w←アタック後の逃げor長めの登り
  • 10分310w←逃げor追走or長い登り
  • 20分280w←ヒルクライムor集団がこの負荷で巡行していたらその時点でゲーム終了

といった具合です。

これはフレッシュな状態でこれくらいの出力が○○分維持できるというものです。
つまり一度ここまで使い切ってしまうとオールアウトしてゲームオーバーしてしまうということです。

なので、このデータを頭に入れて、レース中は展開によって、使いどころとここまで踏んでいい、という閾値をもって動きを作っていきます。

ここまで踏んでいいいという閾値は自分の中で-10%くらいに設定しています。

 

まずはデータを取りましょう

FTPを向上させるトレーニングばかりしていると、図の濃い紫のグラフしか取得できません。
なので、実走のデータや短時間高強度のトレーニングを取り入れてデータを増やしていきましょう。

レース中に出力(サイコン)を見ましょう!

レースになると、周りの動きに夢中になるあまり、サイコンを一切見ない人もいると思いますが、これはもったいないです。

アタックがかかった時、展開が落ち着いた時、などの変化がある時は展開の内容とパワーの動きをチェックするようにしましょう。チラ見ですよ!よそ見は危ないので気を付けましょう!

これによって自分のパワーカーブに対してどれくらい余裕があるか、が見えてきます。

ここから逆算して、自分の次の行動を判断していきます。
あー、このペースからのアタックは○○秒しかついていけないから、このアタックは見送ろう
○○wで○○分踏んでるから相手も弱ってるはずだ
このペースだと緩すぎるから、○○wまでペース上げて集団を絞ろう
etc・・・な感じです

私のサイコンの表示設定はパワーを大きく表示して残りは心拍・ケイデンス・距離・時間のみです。
スピードは不要です

あと、頭に入れておくのは直近のパワーカーブです。
自己ベストのパワーカーブを見ても参考にならないので注意してくださいね!

ではレースをより楽しいものにしていきましょう!
これであなたもきっとレースに勝てるはず!

この記事が為になった!と思ってもらえたら↓のボタンをポチっとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村